冬の砂浜に流れ着くさくら貝。
志賀町の特産品としても知られる淡いピンクの貝は、
ゆったりとした里浜時間にふさわしいのかな。
可愛らしさに見惚れてると、
いつの間にか時間がたってたりする。

今回のインスタフォトコンテストは
そんな里浜のシンボル・さくら貝がテーマです。
3人の先生たちの出したお題にあわせて
さくら貝の作品をつくって、撮って。
おウチで里浜じかんを体感するフォトコンの開催です。

審査員

Hanah(はな) - 對馬 亜美(つしま あみ)

石川県生まれ。裏千家学園茶道専門学校卒。2008年頃から樹脂粘土でお花モチーフのアクセサリー制作を始める。ハンドメイドマーケットサイト「minne」に出品を始め、発売後即完売も珍しくない人気作家となる。2015年【minneのハンドメイド大賞】で協賛企業賞「スワロフスキー社 クリエイトユアスタイル賞」受賞。

minneで即完する人気作家Hanahの、樹脂粘土で作る初のお花アクセサリーレシピ。 樹脂粘土を色づけする方法、かわいいお花のつくりかた、アクセサリー化するコツを分かりやすく紹介。 初めてでも失敗せずに作れるコツをたっぷり詰め込みました。 オーブンで焼かずに乾かすだけだから手軽に作れます。 お花1輪で作れるシンプルピアスから、華やかネックレスまで。リング、バレッタ、ヘアゴムなど、大人も使えるガーリーアクセサリー64点です。(税込1404円)

Hanahさん/さくら貝のお花もストーリーもとても素敵です。
綺麗な作品をありがとうございました。

審査員

Nailsmaki - 釜井 麻希(かまい まき)

大阪ベルェベル美容専門学校カラービューティ科卒業。2002年よりネイリストとして活動開始。2010年まで大阪、京都でネイリストとして活動後、石川に戻り自宅サロンを開始。現在は自宅サロンでに営業、県内外への出張ネイルにて活動中。

Nailsmakiさん/タイルのようなデザインにさくら貝を使用している点が
素敵だなぁと思いました。ピンクの色合いも素敵です。

審査員

カリーノぱん

2014年からかわいいをコンセプトにミニチュアパンのアクセサリーを作り始める。2015年から通販サイトや各地イベントなどで販売開始。

2016年7月 ブティック社より共著本
「パン生地でつくるミニチュアパン雑貨」出版

カリーノぱんさん/クロワッサンやいちごなどとてもリアルで美味しそうで
丁寧に作られており、写真ごしからでもずっと見いってしまうほど感動しました。
さくら貝の美しさもひきたっており、素晴らしい作品でした。