安部屋弁天島

ABUYA BENTEN JIMA

夕日に照らされて幻想的に
描かれる、美しい自然のシルエット

三味線島とも呼ばれ、かつて北前船で安部屋港を守る、

天然の防波堤の役割を果たしていいます。

夕暮れ時には、刻々と沈む夕日のなか、神秘的な風景を描き

見る人の心を癒してくれます。

島に向かうと、樹齢約50年の松が200本立ち並び

その奥に小さな社があり、祀られている伊都久志麻神社ですが

弁天島が港の命と言われ、海の男たちの拠り所であったことをうかがわせます。

また、厳寒期には、海越しに遠く白山を仰ぎ見ることができます。

安部屋弁天島

住所/石川県羽咋郡志賀町安部屋